WordPress保守管理サービス、プラン見直しのお知らせ

平素より WordPress でホームページを運営する方に「WordPress保守管理サービス」をご興味持って頂きありがとうございます。

いろいろな相談に接し、WordPressサイト運営の悩みや事情をお聞きするなかで、様々な保守要件に触れさせて頂きました。 WordPressの安定運用やセキュリティ意識の高さがヒシヒシと感じられます。

このたび求められる保守要件に柔軟に対応できるように「WordPress保守管理サービス」のプランを見直しました。
大枠のプラン「レンタルサーバプラン」「VPS・クラウドサーバプラン」は変わりませんが、新たに保守レベルを設けました。

保守レベルは2つあります。

復旧性重視の保守レベル

普通のウェブサイトとして運営しているウェブサイト向けで、障害が起きても影響が少なく、すぐに復旧すればいい。障害発生を前提とし、どこが壊れても回復できるという考えの保守方針で運用を行います。

耐障害性重視の保守レベル

不具合に対して影響度が大きく、障害や不具合自体を極力起こしたくない、性能パフォーマンスを維持したい方に。アクセスが多く更新頻度の高いメディア運営を行っていたり、マルチサイト運営や会員制サイト、キャッシュプラグインなど高機能なプラグインを導入したり、独自開発した機能をWordPressサイトに組み込んで運営している、WordPress運用環境自体に可用性や信頼度が求められるウェブサイト向けです。

2つの保守レベルの大きな違いは、検証環境を構築して事前にWordPress本体やテーマ・プラグインの動作検証を適時行い、WordPressの機能にまで分け入り、きめ細かな設定確認まで行える保守方針で運用を行います。

WordPress保守管理サービスの特徴でもある日常のWordPress保守運用の自動化を進めつつ、必要以上の保守レベルを強いた過剰な保守管理の是正から得られる保守コストを適正化し、なお一層 WordPress サイトを安全で安定的に運用できる環境を提供していきたいと考えております。

今回の見直しで変わったところ

  • 新たに「保守レベル」を設けました。
  • 全てのプランで「検証環境の構築・動作検証」ができるようになりました。
  • 保守 WordPress サイト数は 1つまでに揃えました。以前では「レンタルサーバプラン」で2つのサイトまででしたが、一つのウェブサイトをしっかり保守して欲しい要望が強かったため変更しました。
  • 「レンタルサーバプラン」の月額料金を下げました。(復旧性重視)
  • 「レンタルサーバプラン」耐障害性重視の保守レベルでは、レンタルサーバで運営しているウェブサイトでも、ご要望の保守要件できめ細かい保守方針で任せて頂けるようになりました。

シングスマネジメント、コンサルティングサービス刷新いたしました

このたびコンサルティングサービスを刷新いたしました。

「シングスマネジメント」は、中小企業・小規模・個人事業の経営課題に対して「マネジメント」「マーケティング」「ITデジタル・ウェブ」の3つの専門分野でコンサルティングサービスを提供しています。

「新しい価値を生み出す」「収益力を高める」ことを軸にしたコンサルティング。事業開発・マーケティング・デジタルビジネスでの課題を解決に導くコンサルティングを行っています。

シングスマネジメントのコンサルティング領域も
これからの変化の激しい環境に適応するためのテーマとして以下を見据えました。

  • 事業創造「未来をつくるイノベーション、あたらしい産業への取り組み」
  • リアルとネットの融合「デジタルをビジネスにどう活用するか」
  • 高収益事業への追求「次世代の組織マネジメントの確立とその人材輩出」

クライアントの「未来をつくる。」心意気によって「事業の成長を支える基盤を構築するために、機会を生み出し、人や組織の魅力・強みを引き出すこと」をサポートできる体制を作り続けたい思います。

前向きなエネルギーをもつ「経営者」「現場のリーダー」「現場のスタッフ」の方々を微力ながらお役に立ちたいと思っています。

また、コンサルティングサービス刷新に伴い、ホームページの運営をサポートする「顧問サービス」を終了いたしました。

「顧問サービス」は、今後コンサルティングサービスに統合してウェブはじめITインターネットをマーケティングの一環として活用できる事業運営をサポートできるように提供しております。

引き続き「小さな会社のマーケティングパートナー」としてホームページ運営の円滑化、ホームページ運営業務の整備をサポートしてお役に立てればと思います。

WordPress (ワードプレス) 保守管理サービスに「1ヵ年定期点検」を追加しました

おかげさまで、WordPress サイトを安全に安定的に運用できる「WordPress (ワードプレス) 保守管理サービス」を開始して1年経ちました。

今回、サービスに「1ヵ年定期点検」を追加しました。

1ヵ年定期点検は、1年間運営してきた WordPress サイトの運用状況を踏まえて1年ごとに総点検します。 設定の見直し、ログの整理、マルウェア調査から運営の改善を行います。

毎年継続的に WordPress サイトの運用を最適な状態に改善し続けて、 さらなる安全に安定的な運用にお役に立てれば幸いです。

シングスマネジメント、ホームページのスマホ対応・マルチデバイス最適化サービス (スマートフォンサイト制作) を改めてリリースしました

ホームページのスマホ対応・マルチデバイス最適化サービス (スマートフォンサイト制作) を改めてリリースしました。

このサービスは、2015年3月にWordPressテーマ販売サービス「シングスTheme」のサポートサービスとして提供していた「スマホ対応・マルチデバイス最適化」です。

今回サービス終了に伴い、シングスマネジメントにサービス移管の形でサービス内容を見直して改めてリリースしました。

サービス内容は、

  • ホームページのスマホ対応・マルチデバイス最適化のご相談
  • ホームページのスマホ対応・マルチデバイス最適化のコンサルティング
  • スマホ対応ホームページのリニューアル、新規 WordPress サイトの制作
  • スマホサイト用 WordPress テーマの開発
  • WordPress プラグインテクニカルサポート

蓄積してきたスマホ対応・マルチデバイス最適化ノウハウをご提供します。

サービスの詳細は「ホームページのスマホ対応・マルチデバイス最適化サービス (スマートフォンサイト制作)」からどうぞ。

シングスマネジメント、WordPress (ワードプレス) 保守管理サービスをリリースしました

WordPress 保守管理サービスは、コンテンツマネジメントシステム「WordPress」の月額定額のリモート保守管理サービスです。

WordPress 保守管理サービスは、

  • WordPress のシステムを安定して稼働していきたい。
  • 社内に WordPress を保守する担当者がいない。
  • WordPress に詳しくない、社内で対応できない。
  • WordPress システムに加えてサーバやドメインも保守管理して欲しい

とお考えているホームページを WordPress で運営する中小企業をサポートしています。

WordPress サイトを安全に安定的に運用できる

WordPress は、簡単にインストールができ、すぐにホームページやブログを立ち上げることができるので便利です。

現在の中小企業のホームページ事情は、ホームページを簡単に立ち上げることができるため、WordPress でホームページを制作することを採用することが多くなりました。

反面、WordPress が多くの方に使われるシステムになるにつれ、システムの弱いところを突いて不正ログインやファイルの改ざんという攻撃が増えています。

実に全世界のウェブサイトの4分の1が WordPress で作られています。それにともないセキュリティ面を配慮した WordPress サイトの運営が重要になります。

中小企業のホームページの現状は、ホームページを作ったままほったらかし。運用を全く考慮していなかったり、WordPress を最新バージョンに保っていなかったり、もしもの時の対策もやっていないなど多く散見します。

WordPressの欠陥を放っておくと、悪意のある第三者に攻撃されます。運用を怠っていると、攻撃されていること自体にも気付きません。その WordPress サイトが踏み台にされて知らぬ間に攻撃者になっていることもあります。

多くは、ITに詳しくない。システム部門がそもそもない。システム運用はどうやればいいのか分からない。考えたこともなかった。ということを聞きます。

WordPress 保守管理サービスは、そのような状況を考慮して、安心して WordPress サイトを運用できるサービスとして生まれました。

WordPress の本体、テーマ、プラグインを最新に保ってシステムの脆弱性(セキュリティホール)を少なくしたり、万が一に備えてデータをバックアップ、WordPress のセキュリティ監視、死活監視。もしもの時の緊急復旧・障害時対応まで。WordPress の保守管理をトータルサポートしています。