中小企業のマーケティングやブランディングのコンサルティング。事業運営、組織運営のPDCA改善やホームページの制作、ウェブサイト改善などITネット活用を中心にサービスを提供しています。

お仕事の依頼・パートナーシップについて

仕事は、つまるところ「誰とするのか」に尽きる

シングスでは、マーケティングやITネットを活用して、経営の活性化にお役に立てるように日々邁進中です。

その日々の中で、どういう方がどういう相談をされて依頼をされるのか、まとめてみました。

現在、お仕事を依頼される方は、おもに3つのタイプに分かれます。

  • ひとつめは、事業を営んでいる中小企業はじめ、小規模、個人事業の方。
  • ふたつめは、ウェブサービスを創っていたりウェブベースのシステム開発、Web制作、ウェブサイト構築の事業を営んでいる方。
  • みっつめは、お互いの得意分野を持ち寄って協業したい、パートナーを求めている方。

それぞれに相談内容、依頼のニーズが違うようです。

ひとつめの方は、メインでお付き合いさせていただいているクライアントさんです。

商売を軌道に乗せたい、なんらかの経営課題を抱えていて解決したいとご相談されます。
そのなかでマーケティングとITネットを駆使して一緒に課題解決を考えて成果に繋げるお仕事をしています。

シングスでは、事業の成長を支える基盤を構築する経営者のためのマーケティングマネジメントサービス「シングスマネジメント」を運営して経営課題にフォーカスしたプログラムやマーケティングプランを立案してマネジメントをサポートしています。

シングスマネジメントの詳細はこちらから

ふたつめの方は、同業または、技術的な専門に似通ったものがあって、シングスに興味を持たれた方がお仕事のご依頼をしていただいています。
開発者としてはもちろん、コンサルぽい立場や研究者ぽい感じ、プロジェクトメンバーの一員として。
相談のされ方も様々です。

  • 社内のリソースが足りないので、こういうタスクをして欲しいと具体的に依頼。
  • 技術的に難しく経験がないので、ワンポイントピッチャー的に依頼。
  • こういう企画でこういうビジョンを実現したいから、こういう役割立場で、プロジェクトに参加してほしい。
  • こういう技術を導入したい、ツールを導入したいけれど、一緒にリサーチや研究開発をしてほしい。
  • どこをどのようにしていいか分からないので、一度状況を洗い直して手伝って欲しいと相談。
  • 成果物や現場、プロジェクトを診て第三者的に客観的にアドバイスをしてほしい。

「応援したいなぁ」「成長を見守りたいなぁ」「力を貸してもいいなぁ」「面白いプロジェクトになりそうだなぁ」と思ったらやっています。

開発や制作の業務委託先をお探しの事業者さまに制作・開発受託サービスの詳細はこちら

みっつめの方は、いろいろ協力してお互いを刺激しあって高める関係を求めている方にお声をかけてもらっています。
こちらも「いいなぁ」と思う方に声をかけています。

仕事は、一人で完結することがありません。必ず誰かと繋がっていて、一緒にやった仕事の成果から信頼関係や達成感が得られます。

実際クライアントのお仕事やシングス主導で進めているプロジェクトで、声をかけさせてもらったり、協力してもらっています。マーケティングとITの活用を効果的に落とし込んで実現するには、分野も異なる、多岐にわたる専門知識やスキルを持っているパートナーが必要になります。その人の得意とすることやできることを見出してお願いしています。

またクライアントのすべての相談には乗れても受けられない依頼もありますので、その場合「適任だなぁ」と思う方がいれば、紹介するようにしています。

シングスの判断基準は単純明快。「一緒に仕事をしたいと思うかどうか」それだけです。

経営者の経営課題を戦略・組織事業運営・実務・技術の面で解決に導くというスタンスで仕事をしていますので、パートナーとしてご活用いただければと思います。まずはお気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合せはこちらからどうぞ