CGIスクリプトをフリーウェアとシェアウェアでご提供

ご相談・お問い合わせはこちらから

設定・設置 (CGIスクリプトインストール方法) 一般 よくある質問

CGIスクリプトを設定・設置する上で、最低限どれぐらいの技術・スキルが必要ですか?

基本的なところでは、インターネット技術に関する基本的な知識を持っていることが理想です。
作業面では、以下のことが最低限スムーズにできることが必要です。

  • CGIスクリプトを設置するサーバーの環境とCGIスクリプトの動作条件確認
  • テキストエディタでCGIスクリプトの初期設定
  • FTPソフトでCGIスクリプトをサーバーにアップロード
  • FTPソフトでCGIスクリプト等のパーミッションの設定
  • ブラウザでCGIスクリプトの動作確認

加えて、CGIスクリプトに付随するテンプレートの作成です。
テンプレートは、HTMLで記述されたファイルで、ほとんどHTMLファイルと同じです。HTMLやスタイルシート (CSS) を使った基本的なコーディングやホームページ編集ソフトを使える程度で十分です。

各CGIスクリプトの動作条件の確認はどのようにするのですか?

各CGIスクリプトに記載しております動作条件と、現在使用しているレンタルサーバーやプロバイダがご用意したホームページのスペースでの利用できる機能を比べて、条件を満たしているかご確認ください。

現在使用しているレンタルサーバーやプロバイダが用意したホームページのスペースでは、「CGI」や「SSI」は使えますか?

「シングスCGI」の「フリーウェア」「シェアウェア」を使用するためには「CGI」「Perl」が使用できるサーバーが必要です。事前にお使いのサービスプラン内容の確認、またはレンタルサーバー (共有サーバー) を契約しているホスティング会社やWebスペースを提供しているプロバイダーにお問い合わせください。

現在使用しているレンタルサーバーやプロバイダで「Sendmail」は使えますか?

お使いのサービスプラン内容の確認、またはレンタルサーバー (共有サーバー) を契約しているホスティング会社やWebスペースを提供しているプロバイダーへお問い合わせやマニュアル、またはオンラインヘルプ等をご確認ください。

テキストエディタは、どのようなものがあるの?

「Windows」では、標準で付属している「メモ帳」があります。ただし、CGIスクリプトで活用するに文字・改行コードが変更して保存できません。CGIスクリプトで初期設定などをおこなうには、設定・設置時の不具合を軽減のため高機能なテキストエディタをおすすめします。
シェアウェアのなかでは、高機能のテキストエディタ「秀丸エディタ」があります。
「Macintosh」では、標準で付属している「SimpleText (Mac OS 9)」「テキストエディット (Mac OS X)」がありますが、「Windows」の「メモ帳」と同じく文字・改行コードが変更して保存できません。
シェアウェアのなかで高機能のテキストエディタ「Jedit (Mac 0S X)」があります。ご参考までになれば幸いです。

Perlのパスとは?

サーバーにある「Perl」プログラムの設置場所のこと。CGIスクリプトをプログラムとして実行するためには、サーバーにある「Perl」プログラムの設置場所をCGIスクリプトに指定する必要があります。CGIスクリプトの先頭一行目にPerlのパスを設定することでCGIスクリプトがプログラムとして動作します。
「#!/usr/bin/perl」あるいは「#!/usr/local/bin/perl」でのPerlのパスが多いですが、念のため、お使いのサービスプラン内容の確認、またはレンタルサーバー (共有サーバー) を契約しているホスティング会社やWebスペースを提供しているプロバイダーへお問い合わせやマニュアル、またはオンラインヘルプ等をご確認ください。

Sendmailのパスとは?

サーバーにある「Sendmail」プログラムの設置場所のこと。CGIスクリプトでは、フォームからメールを送信するために使われます。
Sendmailのパスは、お使いのサービスプラン内容の確認、またはレンタルサーバー (共有サーバー) を契約しているホスティング会社やWebスペースを提供しているプロバイダーへお問い合わせやマニュアル、またはオンラインヘルプ等をご確認ください。

FTPソフトは、どのようなものがあるの?

「Windows」のFTPソフトのなかでは、「FFFTP」がフリーソフトとして有名。
また、ホームページの制作ソフト「ホームページビルダー」をお使いの方は、ファイル転送ツール (FTPツール) が活用できます。
「Macintosh」では、シェアウェアソフトのなかで「Fetch 日本語版」「Fetch」があります。
ほかにも、使い勝手に定評がある「Transmit」があります。ご参考までに。

FTPソフトでのサーバーの接続方法は?

個別のFTPソフトの操作はFTPソフト付随のマニュアルをご参考下さい。

  • FTPソフトを準備してください。
  • 契約しているWebスペースのFTP情報「ホスト・サーバー名」「ユーザID」「パスワード」をご用意ください。
  • FTPソフトを起動して、接続先 (FTP情報) の設定をしてください。
  • 接続先を選択して「接続」ボタンなどを押して、サーバーへ接続。
  • サーバーに接続されたのを確認して完了。

ファイルの転送方法、設置方法は?

個別のFTPソフトの操作はFTPソフト付随のマニュアルをご参考下さい。

サーバーへ接続後、

  • ファイルを設置するため、サーバーの所定の場所 (フォルダ) に移動します。
  • 所定のファイルをアップロードします。
  • ファイルがアップロードされたのを確認して完了。

パーミッションの設定の方法は?

パーミッションの設定は、FTPソフトでアップロードされたファイルやフォルダに対して設定します。
下記の表はそれぞれのファイルに対しての一般的なパーミッションの設定例です。ご利用者のサーバー環境条件にあわせて設置してください。分からない場合は、レンタルサーバー (共有サーバー) を契約しているホスティング会社やWebスペースを提供しているプロバイダーへお問い合わせやマニュアル、またはオンラインヘルプ等をご確認ください。

ファイル・フォルダ パーミッション
(other権限)
パーミッション
(owner権限)
FTP転送モード
CGIスクリプト 705 (rwx---r-x)
/ 755 (rwxr-xr-x)
700 (rwx------)
/ 704 (rwx---r--)
アスキー
(テキスト)
データファイル 606 (rw----rw-)
/ 666 (rw-rw-rw-)
600 (rw-------) アスキー
(テキスト)
テンプレートファイル 604 (rw----r--)
/ 644 (rw-r--r--)
600 (rw-------) アスキー
(テキスト)
ライブラリ 604 (rw----r--)
/ 644 (rw-r--r--)
600 (rw-------) アスキー
(テキスト)
フォルダ 707 (rwx---rwx) 705 (rwx---r-x) -
htmlファイル 604 (rw----r--)
/ 644 (rw-r--r--)
604 (rw----r--)
/ 644 (rw-r--r--)
アスキー
(テキスト)
画像ファイル 604 (rw----r--)
/ 644 (rw-r--r--)
604 (rw----r--)
/ 644 (rw-r--r--)
バイナリ

CGIの実行権限である、「other権限」と「owner権限」について

CGIスクリプトは、サーバーへアップロードして、プログラムとして動作させるために、パーミッションの設定をして「実行」権限を与える必要があります。その「実行」権限を誰 (「自分」または「他人」) に対して与えると、ホームページでCGIスクリプトが「実行」できるか、あらかじめサーバーに設定されています。それによってファイルに対するパーミッションの設定も異なります。
「other権限」「owner権限」のどちらの権限でご利用になられるかは、サーバーの環境条件によって違いますので、レンタルサーバー (共有サーバー) を契約しているホスティング会社やWebスペースを提供しているプロバイダーに一度お問い合わせし、ご確認の上、パーミッションの設定をしてください。
それぞれの特徴としては、「owner権限」では、「自分」に権限を与えるため、セキュリティの強化に役立ち、第三者にファイルを改ざんされたり、データファイルの流出などの可能性や被害を最小限に抑えられるメリットがある。「suExec」「CGIWrap」を導入しているサーバーで利用可能。
「owner権限」でのパーミッションの設定は一般的ですが、「他人」に権限を与えるため、だれでもファイルを「読み取り」「書き込み」、「実行」できる状態になり、セキュリティ上の危険性があります。

エラーメッセージが「403 Forbidden」、本文が「You don't have permission to access ***.cgi on this server.」と表示されて、CGIスクリプトが動きません。

パーミッションの設定が間違っている可能性があります。もう一度ご確認ください。本ホームページにあるパーミッションの設定例は、一般的なものですので、レンタルサーバー (共有サーバー) を契約しているホスティング会社やWebスペースを提供しているプロバイダーにに一度お問い合わせし、ご確認ください。

「500 Internal Server Error」と表示されて、CGIスクリプトが動作しません。

以下の点を順にもう一度お確かめください。

  1. お使いのサーバーの環境では、CGIが使えない。
    現在使用しているレンタルサーバーやプロバイダが用意したホームページのスペースでは、「CGI」や「SSI」は使えますか?」をご覧ください。
  2. パーミッションの設定が間違っている。
    サーバーに設置したファイル、フォルダのパーミッションをもう一度ご確認ください。
  3. 動作条件を満たしていない (特に Perl のバージョンと必要なモジュール、ファイルロック「flock関数」)
    各CGIスクリプトの動作条件の確認はどのようにするのですか?」をご覧ください。
  4. Perlのパスが違う。
    Perlのパスを確認の上、先頭一行目にあるPerlのパスを変更してください。
  5. 文字コードが違う。
    シングスCGIで提供しておりますCGIスクリプトは、「Shift-JIS仕様」で開発しております。文字コードが「Shift-JIS」でない場合、テキストエディタで変換し直してください。 FTPソフトの中には、ファイルの転送時に、自動的に文字コードを変換して、サーバーにファイルをアップロードする機能が付いているものがあります。その場合、文字コードの変換をしないよう設定を変えてからサーバーにアップロードしてください。
  6. 改行コードが違う。
    CGIスクリプトをダウンロードしてファイルを解凍する場合に、改行コードが変更される場合があります。Webサーバーでは、使われるOSにUNIXが多く、改行コードとして「LF」が使われますので、テキストエディタで改行コードを「LF」に変更してからサーバーにアップロードしてください。
    また、FTPソフトの中には、ファイルの転送時に自動的に改行コードを「LF」に変更して、サーバーにファイルをアップロードする機能 (アスキーモードで転送) が付いているものがあります。また、ファイルをそのまま無変換 (バイナリーモードで転送) でアップロードする場合、事前にテキストエディタで改行コードを「LF」に変更してサーバーにアップロードしてください。
    FTPソフトでファイルを転送する時に、アスキーモードとバイナリーモードのどちらでファイルを転送するか事前に設定などを確認してからサーバーにアップロードしてください。
  7. 初期設定が正しく設定されていない。
    設定・設置マニュアルをご参考にもう一度、設定する書式やファイル名など初期設定をご確認ください。
  8. スクリプトの不具合(バグ)
    サポート掲示板でご報告ください。ご報告の際に、不具合の現象とその時の状況をなるべく具体的にご報告をお願いいたします。サポート掲示板はこちらから

CGIスクリプトにアクセスして出力すると文字化けをします。

CGIスクリプト、またはフォームなど作成されたHTMLファイルの文字コードをご確認してください。CGIスクリプトとHTMLファイルの文字コードを統一させる必要があります。シングスCGIで提供しておりますCGIスクリプトは、現在「Shift-JIS仕様」で開発しております。文字コードが「Shift-JIS」でない場合、テキストエディタで変換し直してください。
また、FTPソフトの中には、ファイルの転送時に、自動的に文字コードを変換して、サーバーにファイルをアップロードする機能が付いているものがあります。その場合、文字コードの変換をしないよう設定を変えてからサーバーにアップロードしてください。
また、文字コード「Shift-JIS」では、一部の文字が化けることがあります。文字化けの回避の仕方としては「表¥示」「申¥し込み」と半角バックスラッシュ「¥」を付けると回避されます。初期設定で該当する文字をお使いの場合、半角バックスラッシュ「¥」をお付けすると文字化けが回避されます。

データのバックアップはどうやるのですか?

FTPソフトでサーバーに接続し、所定のファイルをダウンロードしてご自身のコンピュータにデータファイルを保存します。拡張子「.dat」がデータファイルです。テンプレートファイルの場合は、拡張子「.temp」です。

ページの先頭へ